防水機能ってどこまで防水なの?防水機能の見分け方

000126-1125x1500

防水製品と聞くと、雨に濡れても大丈夫なレベルなのか、それとも水中に浸けておいても大丈夫なレベルなのか、はっきり分からないことも多いかと思います。しかし、そんな防水製品には『IPX7(例)』といった『防水等級』と呼ばれる表記があり、それを確認することでどのレベルで防水なのかが分かります。

防水製品にあるIP46などの表記とは?

「IP」とは「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水・防塵の保護規格です。IP46など、IPに続く2ケタの数字の左側が「防塵等級(0~6)」を、右側が「防水等級(0~8)」を表していて、数字が大きくなるほど上等な製品といえます。

「IPX7」のように数字が一桁の表記は、防塵規格はなく、防水規格のみを表すときに表記されます。“X”は“防塵テストはしていませんよ~”という意味。つまりIPX7は“防水のみ7級”ということです。

そして、JISの防水規格とIECのIP規格は、ほぼ同一。そのため、「JIS IPX7」のように、「JIS・IEC混成表記」でまとめて表記されることもあります。

防水等級比較

JIS規格 保護の程度 IEC規格 JIS・IEC混成表記
保護等級 種類
水中形 潜水状態での使用に対して保護されている IPX8 JIS IPX8
防浸形 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない IPX7 JIS IPX7
耐水形 強力な噴流水に対して保護されている IPX6 JIS IPX6
防噴流形 噴流水に対して保護されている IPX5 JIS IPX5
防まつ形 水の飛まつに対して保護されている IPX4 JIS IPX4
防雨形 傾斜60°の範囲の散水に対して保護されている IPX3 JIS IPX3
防滴2形 傾斜15°の範囲で落ちてくる水滴に対して保護されている IPX2 JIS IPX2
防滴1形 垂直に落ちてくる水滴に対して保護されている IPX1 JIS IPX1
無保護 特に保護されていない IPX0

防滴・防水、生活防水・完全防水の境目

防水と防滴の境目はJIS2級と3級の間にあります。製品の表記が「IPX2」であれば防滴、「IPX3」であれば防水となります。

ただ、防水といっても「生活防水」と「完全防水」があります。規格的に明確化されてはいないものの、きちんと境目があります。製品の表記が「IPX3」もしくは「IPX4」なら生活防水。「IPX5」以上であれば「完全防水」の部類に入ります。

防水製品を使う前には上記の表を参考にしていただければ、うっかり防滴製品を水中に放り込むミス(?)もなくなるかと思います。


Facebookページにご参加ください

モノ部ログは、2013年5月にトウマ機工が始めたモノづくり専門ブログです。役立つ、役立つモノづくり情報をトウマ機工のFacebookページでもお届けします。ご参加いただくことで更新の励みになりますので、ぜひ『いいね』をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>